大阪ワンルームマンション投資スクール

大阪ワンルームマンション投資の初心者に役立つ情報、資産運用の方法を紹介致します。

  • close
  • JR大阪駅前から大量の人骨が!

    f:id:linxosaka:20200824190230j:plain

    先日、JR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」区域内から、1500体の人骨が出てきたというニュースがありました。

     

    www.city.osaka.lg.jp

     

    実は2017年にも200体ほどここから発見されたのですが、今回の発見はその時の規模を大きく上回っています。 

    これほどの多くの埋葬跡が見つかるのは、全国でも非常に珍しいようです。

    普段大阪駅に行っても、以前はここがお墓だったと意識することは、ほとんどないので大きな驚きです。

     

    f:id:linxosaka:20200824190439j:plain

    調査の結果、江戸時代の終わりから明治20年まで使われていたようで、大阪城下に住んでいた庶民階級の墓として使用されていました。

     

    大阪では江戸時代の大坂夏の陣によって、戦火を被った都市再生計画のひとつとして、お墓の集約がされることとなりました。

     

    これにより「大阪七墓」というものができ、そのうちの一つが今回人骨が発見された「梅田墓」でした。

     

    知られるところでは、近松門左衛門の「曽根崎心中」にも出てきています。

     

    「梅田」という由来には諸説あるのですが、有名な説は次のものです。

     

    元々この辺りは低湿地帯で、泥土を埋め立てて田畑地を拓いたことから、「埋田」と言われるようになり、後々になって、字面が悪いので、近くの露天神社や綱敷天神社にゆかりのある梅から「梅田」になった。(Wikipediaより)

     

    まだまだ貴重な埋蔵品が見つかるかもしれません。 

    f:id:linxosaka:20200824184845j:plain

    (撮影 矢追健介氏)

     

    f:id:linxosaka:20200824184837j:plain

    (撮影 矢追健介氏)


    投稿者:AM担当 鶴崎